2013/04/09

コンビニ支払いできる住民税・自動車税などの税金・公共料金で、ポイントを獲得する裏技!

お金

住民税、固定資産税、自動車税などの各種税金や公共料金の支払いでも、ポイントを獲得できることをご存知ですか?

以外と知られてませんが、税金の支払いでも、間接的にポイントを獲得することができるようになります。

税金を現金払いしているなら、もったいない!









nanacoのクレカチャージで、間接的にポイントが貯まる!


税金をコンビニで支払うことができますよね。税金の納付書にコンビニ払い可能と記載されてるなら、ローソン・ファミマ・セブンイレブンなどのコンビニの店舗で支払うことがでできます。

一般的な税金・公的保険を例に挙げると、住民税、固定資産税、自動車税、国民健康保険料、国民年金保険料などあります。

現金払いから、電子マネー「nanaco」支払いに変更するだけで、ポイントを獲得することができます。ただし、この方法は、セブンイレブン限定です。

セブンイレブンでは、税金・公共料金を「nanaco」で支払うことが可能です。「nanaco」で支払った場合、通常はポイントを獲得できますが、税金などの収納代行では、ポイントは付与されません。

しかし、クレジットカードで「nanaco」にチャージすると、チャージ分のポイントが付与されるクレジットカードが存在します。対象となるクレジットカードを利用すれば、間接的に税金の支払いでも、ポイントを獲得することができます。

一度にチャージできる上限金額は、5万円ですが、複数のnanacoカードやnanacoモバイルにチャージして支払うことで、税金の支払金額が5万円を超えても、支払うことができます。

チャージでポイントが付与されるクレジットカードの中で、一番おすすめなのが、漢方スタイルクラブカードです。ポイント還元率が1.75%+αと、還元率が高いので、ポイントをガッツリ貯めたい人におすすめです。

各種税金・公共料金など、コンビニで支払うことができるなら、「nanaco」で支払って、ポイントを獲得しちゃいましょう!






0 件のコメント:

コメントを投稿